京急建設株式会社

SDGs宣言

当社は、「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同し、京急グループのCSR方針に基づき
ESG経営を実践し、目標達成に向けた行動に社員一丸になって取り組んでまいります。

2021年7月26日
取締役社長 白井 学

取り組み方針

顧客志向の事業活動
お客様が満足する、安全、安心な製品を継続して提供していきます。
社会的責任、コンプライアンス
当社を取り巻く全ての皆様からの信頼に応え、法令、社会規範を順守します。
環境への配慮
地球温暖化等、様々な環境問題を重要課題として、環境保全活動に取り組みます。
安全、安心の確保
安全リスクマネジメントを実践し、事故及び労働災害の防止に取り組みます。
人権、個人の尊重
ダイバーシティーを推進します。国籍、性別、年齢等で差別の無いよう人材を採用、
育成し各々が働きやすい職場環境づくりを実施します。

当社の取り組み

当社は、昭和36年に設立して以来、今日まで京急電鉄を始めとした多くの鉄道工事に携わり、お客様が、安心して鉄道利用できるよう工事に取り組んでまいりました。また現在、「SDGs」の目標達成に向け、下記の取組み等を実施しております。今後も現状に満足せず、京急グループの建設会社として、さらに社会課題の解決に向けて努力し続けてまいります。

顧客志向の事業活動

  • 鉄道関連施設工事、線路工事の技術の蓄積、改善
  • 関東圏内の鉄道各社の工事を受注、交通インフラ整備に関与
  • ISO9001、ISO14001の認証登録、活動の実施
  • 地方自治体等と災害発生時の応急活動の協力
  • 現場のごみを削減、分別、現場周辺の清掃活動の実施
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 12.つくる責任 つかう責任

社会的責任、コンプライアンス

  • 建設系資格講習会等の費用補助制度、資格取得時の報奨金制度の制定
  • コンプライアンス協議会の設置、各規程の制定、定期的な教育
  • 新人教育、階層別教育、知識取得教育の実施
  • 電子情報セキュリティ規程の制定
  • 内部統制の実施 社内監査の実施
  • 危機管理規程、大規模地震対応計画(BCP)の制定
  • 外国人労働者の現場採用、作業環境配慮
  • 日建連等の各団体の行動目標、要求事項に参加
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 10.人や国の不平等をなくそう
  • 16.平和と公正をすべての人に
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう

環境への配慮

  • 「かながわプラごみゼロ宣言」神奈川県との賛同企業として登録
  • ペットボトルキャップを集積、寄付、発展途上国へのワクチン提供に寄与
  • 再生PETを使用した現場作業着の導入
  • ビーチクリーン活動の実施
  • 省エネルギー化の推進、積極的な社内節電運動、エコドライブの実施
  • CO2排出量の少ない建設資材、建設機械の使用、運転操作教育
  • 産業廃棄物の排出抑制、リサイクル率の高い搬出業者への委託
  • 欠陥のない安全、安心な製品の施工
  • 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 12.つくる責任 つかう責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 14.海の豊かさを守ろう
  • 15.陸の豊かさも守ろう

安心、安全の確保

  • 安全管理システムによる安全対策の実施
  • 安全に対する無事故、無災害表彰
  • 新型インフルエンザ等のワクチン補助
  • ストレスチェックの実施、保健師面談の実施
  • 母性保護規程の制定
  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに

人権、個人の尊重

  • 一般事業主行動計画の策定
  • 各休暇制度の制定(育児、看護介護、時間、リフレッシュ、ボランティア等)
  • 定年退職後の継続雇用推進
  • 現場女性監督員の積極的採用、作業環境の整備、けんせつ小町活動の参加
  • 各種補助金の支給(成人、入学、出産、育児休暇、傷病見舞、入院補助、在宅介護、災害見舞等)
  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 8.働きがいも経済成長も