2021/10/08 本社移転に伴い、備蓄防災食品の一部を「フードバンク」に寄付いたしました。

 当社は、2021年10月に京急グループ本社に本社機能を移転することに伴い、余剰となった備蓄防災食品の一部(白米約756食、味噌汁約540食)をフードバンク「セカンドハーベスト・ジャパン」様に寄付いたしました。これは、SDGsの「1.貧困をなくそう」、「2.飢餓をゼロに」、「12.つくる責任つかう責任」の目標達成に向けて、食品ロス問題や廃棄物削減に配慮したものです。当社は、持続可能な社会の実現を目指し、引き続き社会課題の解決に取り組んでまいります。

※セカンドハーベスト・ジャパン
 日本初のフードバンク。食品会社などから提供を受けた食品を、生活困窮者等に供給する活動などを目的とした団体。日本の食品ロス問題に早くから取り組まれ、東日本大震災、熊本地震等でも積極的な支援活動を行い、大変意義ある活動を実施されています。

2021年10月8日
京急建設株式会社